独立後に収入が微妙になったスポーツトレーナーが副業で安定生活

体育大卒の経歴を活かして働きましたが

僕は体育大学卒、スポーツジムに就職して、しばらくやっていました。この仕事も楽しかったですが、もう少し自由にやりたいという思いで、僕のインストラクターとしてのスキルを褒めてくれる人も多かったので独立したのですが、始めてみるとうまくいきませんでした。

収入が不安定になって、今すぐにとは言わないまでも、ちょっと先はキツいな…。そんな思いで、じゃあ何をするか、まあバイトだろうと。それで都合がつきやすい日雇いバイトや配達のバイトをしていましたが、つまらないし、給料も安い。どうせならやったことのない高額バイトだ! と考え直し、出張ホストの求人募集を見て挑戦してみることにしました。

面接ではスポーツトレーナーとしての経験とか、趣味とか、そういうのを軽く話した程度だったと思います。なんだかはじめから好意的な雰囲気の面接でしたね。このお店なら本当に良さそうだなと感じていたら、「じゃあ、いつから来れる?」という話になりました。

無事いいスタートが切れました

トントン拍子に話が進むので、なんか蓋開けたら自分なんてやっぱりダメなのかなと逆に不安になっていたのですが、幸い、初日から指名をいただくこともでき、それ以降も順調です。というと大雑把なようですが、実際その通りで、いいスタートが切れたし、その勢いが継続しています。

スポーツトレーナーという本職がうまくいっていないことを話すと、このお店のお客様も自分で何か事業をされている方が多いので、「こうすればいいと思うよ」といろいろアドバイスをいただけて、勉強させてもらっています。反対に、でもないですが「ちょっと体力が落ちた気がするんだけど」と相談を受けることもあり、そのときにはお客様の年齢や生活に合った理想的な運動法などを僭越ながら助言させていただくことも何度かありました。

そういうコミュニケーションの成果なのか、どういうわけか、自分がフリーでやっている仕事の方も、多少上向きになってきました。ビジネスのヒントというと若いくせに偉そうですが、そういうのが得られているんですかね。今は、自分が付かせていただく方にどうやったら次来てもらえるかと考えながら、段階的に導いていく、ということを意識しています。

なんとか生活も落ち着いてきました

生活安定。先行きの見えない、独立直後の暗い思いは、もう今は影もありません。出張ホストの副業で得る高収入でかなりしっかりとした基盤が築けているので、ともあれ、明日どうしようとか、そんな思いに悩まされることもなくなりました。それだけでもすごく大きいです。

ですが、このバイトも若いうちだけだとは思うので、なんとか20代後半までには、本業が安定するように、今からきちっとやっていきたいと思います。長期的なことまで考えるなんて、以前の僕までにはない思考でした。もうちょっと早く始めていたらな、とさえ思います(笑)

けれど、今は生活安定で前向きに物事が考えられるので、ここをスタート地点として、これからのことをじっくり考えていきます。何事も、遅すぎるスタートというのはありませんから。

泰(仮名) 24歳 スポーツトレーナー

関連記事