福岡から一攫千金を夢見てホストになるため新宿へ来たけど…

福岡から東京へやってきました

地元は福岡です。どんなイメージですか? まあそこそこ都会、少なくとも九州では一番の都会ですよね。僕としても、そこが最大の世界だと思っていました。ホストをやっていたんですが、結構稼げていたし。でも、頭の片隅にはいつも、東京って…という憧れがあるんです。

一攫千金というと軽薄な言葉みたいですが、若いんだからそれくらいの軽さというかフットワークとか野望がなきゃダメだろうと、東京にいる友達を頼りに新宿にやってきました。ホストクラブに行く予定だったんですが、コロナの影響で難しくなってしまったんです。

さあどうしよう、でも求人募集を見ていたら、なかなか良さそうなバイトがたくさんあるんですね、そのへんさすがに東京というべきか。そういうわけで、とりあえず目に留まったこの求人サイトから、早速出張ホストに応募してみました。このへんは僕は行動早いんです。

仕事はずっと快適ですね

どうしてもホストと比べて、という言い方になるんですが、別にそっちの仕事に難癖つけるわけでもなく、働きはじめてみると、出張ホストはずっと気楽です。精神的にラク。やっぱりノルマとかないのが大きいですね。しかも高収入で、なんというかコスパいいバイトです。

なんといっても自由度が高いのがいいですよ。お店の外に出ていろいろできるなんて、それだけで楽しいし。しかも新宿の街から東京の隅々まで、自分のまったく知らなかった大都会の世界を見て回れるので、ミーハーな自分にとって、これほど良いバイトはないです。

最大の楽しさは僕的には実はそんな部分なんですが、もちろん待遇とかそういうのも良いと思いますよ。別のこの手のお店を知らないのですが、たぶん僕は最良の選択をしたと思います。それはお客様の雰囲気を見ていても分かります。みなさん温かい方ばかりでお客様に恵まれたいいお店なんだな、と思うし、そういう優しさにもちろん僕も支えられています。

ホストの夢も諦めていないけれど

ホストで一攫千金という夢も諦めていません。東京のホストクラブで上位のキャストとなったらもう、すごい世界でしょうから。自分にはそれなりに福岡の経験で培ってきたものもあるので、自信だってないわけじゃありません。ただ、どうしようかな、と揺れてもいます。

この仕事も楽しいし、何より、やっぱりこういう情勢でも毎日指名を頂戴できるという点ですごさを感じますよね。経営の強さというか、お店がしっかりしている。その点、僕は今思うと東京のホスト事情には疎いし、いきなり飛び込んでみてどうなるのか、不安もあります。

そんなこと、ここにくるまでは感じなかったことなんですが…何かこのお店の安心感みたいなものが、逆に僕を現実的にさせるのかもいれないですね。うん、まあこのお店でだって十分に稼げないではないでしょうし、とりあえずいくら、という目標を持って、そこに向かって進んでいく方がいいのかもしれません。しばらく様子見させてもらいたいと思います。

隆(仮名) 21歳 元ホスト

関連記事