会社の倒産がきっかけで東京へ!貯金1000万目指して…

地元の会社が倒産して東京に

僕は地方出身者です。静岡で食品加工工場に勤務していました。経営のことはよくわからないのですが普通に仕事はあったし、まあこんな感じで普通に日々が過ぎていくのかなと思ったのですが、会社が突然倒産したんです。そうなると僕みたいなものはすぐに路頭に迷ってしまいます。

さあどうしよう、と思い、思案しましたが、なかなか良い求人募集もありません。そこで仲の良い従兄弟が新宿で出張ホストをしていると聞いて、自分も紹介してもらえないかと頼んだところ、快諾されました。ただ、自分は最初は、キャストではなくスタッフとして採用してもらうことになりました。

というのも、僕は実は学生時代にキャバクラのボーイのバイトしていたことがあるんです。そういう経歴があって、スタッフということです。まあこういうと何ですがそういう裏方みたいなものは一度経験していると大丈夫だろうという楽観的な見込みで東京に出てきました。少なくとも、静岡に居続けるよりは、まだ前向きな未来が見えるような気がしたんですね。

仕事は慣れたものだけど欲が出て

さて、この仕事なんですが、開店準備とか雑用とか、そういうのは本当に学生時代に身についたものがそのまんま残っていて、難なくスタートすることができました。そういう部分も評価されてお店からは結構最初から「いいね」と言われていたのですが、なんというか、前と同じことの繰り返しだな、という感は拭えません。

やっぱりキャストの方が高収入ということは間違いないんです。だからちょっとそっちの方にも回ってみたいというか、そんな気持ちですね(笑)ただお客様の接客となると僕にはわからない部分もたくさんあるので、どんな感じなんだろう、と臆する部分もありました。

お店にやってみたいと告げたところ、じゃあちょっと様子見で、と言われてOKが出たのですが、働き始めてみるとどうしても勝手が違いますね。裏方と、お客様を自分自身でエスコートするのは、また別世界です。ただ、そういう慣れないうちにも、お客様から優しくしていただけるところもあり、裏方をしていた頃とは別の楽しさを感じるようになりました。

目標、とりあえず1000万かな

従兄弟の紹介という勢いで来てしまったので、働きながら、ときどき、「俺、何やってるんだっけ?」と思うことも時々あります(笑)会社が倒産して…という経緯があるわけですが、よく考えればなかなか飛躍したことをやったものです。別に後悔とかはしていませんが。

というわけで何か目標がなければ締まるものも締まらないと思い、今は貯金1000万ということを頭に置いています。そこまではしっかりやろうかな、という気持ちです。それもそんなに非現実的な額ではないのかな、なんて、そう思うのは調子に乗りすぎでしょうか。

けれど、貯金が1000万に実際に達したら、その後はどうすればいいんだろう。まあ将来のことは具体的になかなかイメージがつきませんが、お金があるに越したことはないので、そこはやれるだけやっておこうと、今はそう思います。稼げるだけ稼いでいきたいです。

亮輔(仮名) 24歳 元食品加工工場勤務

関連記事