コロナの影響で出張ホストのバイトに挑戦した飲食店店員です

コロナの影響があって始めました

このご時勢がいつまで続くのだろうと本当にうんざりしますが、災い転じて福となすというか、僕の場合、仕事がコロナの影響を受けて一時閉店中で、その場しのぎに始めた出張ホストで結構うまくやっています。本業よりもずっと稼げて、すごーくおいしい仕事です。

生活費のために最初に始めたバイトは配達員だったのですが、まあ今はダブルワークということで、出張ホストがメインです。出勤のペースは大体週に三回くらいでしょうか。そんなに根を詰めてやっているつもりはないのですが、それでも十分に稼げていますね。

そもそも子の仕事は、求人募集を見て、ちゃんと応募して、という経緯で始めたのではありません。ちょっとしたコネというか紹介で、実は学生時代の先輩がこちらのお店でお世話になっていたんですね。ということですんなり入店。あまり考えずに飛び込んできた世界ですが、それくらい力が抜けていたのがよかったのだと思います。

緊張せずにフツーにやっていく

飲食店店員が元の自分なので、まあ当たり前に接客には慣れています。とはいえこちらのお店で求められる接客は飲食店店員とはまた違った種類のものですが、それでも、別に失敗したことはないですね。自分で言うのも何ですが、なかなか器用にできていると思います。

なんていうんでしょう。こういう仕事をやるとなると、やっぱり、緊張してしまいがちじゃないですか。そこがよくないんですね。僕が心掛けているのは、フツーってことです。肩に力が入っていると、どうしてもよくない。それは、またこういうと自慢げですが、なんか自分の感覚的に最初の出勤の途中くらいからつかめました。

だから、向いている人はわりとすんなりなじめてしまうんじゃないかと思います。ただ全員がそうとは限らないので、僕としては、みんなにオススメという言い方はしないです。ですが、そうはいっても、おそらくイメージされているよりはラクな仕事ではないか、と。

しばらく続けていこうと思います

お店が休業中なので、飲食店店員の仕事はまあしばらく休みですが、配達員とのダブルワークでこのバイト、しばらく続けていくつもりです。配達員をわざわざやっているのは、やっぱり自分の生活ペースの調整のためです。朝起きてちゃんと夜寝る、これ大事ですから。

まあそういうまともな人間もいるんですよ(笑)本当にあまり先入観というか、そういうつまらないもので「自分にはちょっと」とは思ってほしくないですね。新宿区内でこれだけ稼げる高額バイトというのも、あまりないと思いますし。高収入で、しかも指名がもらえると満足感がある。結構いいバイトです。

そのうちお店の方も始まると思いますが、どうしようかな。配達員の仕事は辞めても、しばらく出張ホストは続けようかな、なんて考えています。これからまだまだどうなるかわからない世情ですし。生き方のオプションとして、こういう副業はアリでしょう。

巳波(仮名) 23歳 飲食店店員

関連記事