塾講師の学生が勉強漬けの毎日を変えるために出張ホストのバイトに挑戦

堅苦しい毎日の軽い息抜き程度に

塾の講師をやっています。大学生です。一応それなりの学歴ですが、なんか自分の人生勉強漬けだな、と思わないでもありません。辛い、とまでは言いませんが、退屈には感じていました。教えることも画一的だし、生徒たちにも何か格別の感慨を持つことはありません。

しかし考えてみると、僕はこうして塾の講師に納まっているように、他の道というものを選ぼうともしませんでした。それは性格由来のものだと思います。なんとなく、自分にはこういう地味な生き方しかできないと考えていたんですね。それがよくなかったのでしょう。

じゃあ、俺に何ができるのか…そう考えて、求人募集を見てみました。正直どれも怖気づいてしまいます。何せ、自分を変えるためのナイト系の高額バイト、本当に未知の世界ですから。でもまあ、「開き直ってラクーにいってみるか」となんだかあるときふとそう思って、そのときたまたま目に留まった出張ホストというバイトに、ふらーっと応募してみました。

ラクに、ラクに、と唱えながらやっています

あっさり採用されたのは驚きでした。結構電話のときから面接まで緊張しきりでしたからね。それにスタートして間もない頃の接客も、堅かったと思います。けれどそういうときに自分を励ます言葉として、とりあえず常に「ラクに、ラクに」と頭に浮かべていました。

だってそうでしょう。こう言っては何ですが、塾でのように、子どもたちの将来を背負っているわけではありません。なんというか、バイトです。それにお店の方でも掛け持ちバイトの感覚でいい、ヘンに真剣な方がお客様と打ち解けられない、とアドバイスをいただいていたので、努めて気楽に接客するようにしていると、そのうちに、妙な緊張も解けました。

それからはむしろ、この掛け持ちバイトが楽しいです。お客様も親切な方ばかりで、本当に富裕層の余裕というか、そういうものを感じます。子どもの進学のことでヒステリックになっている親御さん方とのピリピリした雰囲気と比べると、天と地ほどの差がありますね。

就職後も不定期的に続けられたら、とも

自分の未来がどうか、まだわかりません。適当な企業に就職するのかな。まあきっとそうでしょうね。そんな冒険みたいなことはしないと思います。あくまで地に足着いたものの考え方をする、そういう部分までは変わってないので、真面目な社会生活を送るんでしょう。

ただこの仕事はひとつの選択肢として頭に持っておきたいですね。お店のシステムもきっちりしていて、顔バレせずに内緒で稼げるので、いい副業の口としてアリです。不定期的にでも続けられたら退屈せずにいられます。なんだか虫のいい話みたいですが、どうかな。

今のところ生活費は問題ないどころか、自分が思う以上の贅沢ができるくらいの高収入を得ているし、そうやって、就職後も不定期に…とイメージしているからには、気分としても充実しているんでしょうね。確かに、この仕事を始めてから、少し気持ちが明るいです。

良(仮名) 21歳 塾講師

関連記事