出張ホスト歴三年キャストが独立を目指して店舗業務を勉強中

長く働いていて思うこと

出張ホストは三年やっています。今はキャストをしながら、店舗スタッフとしても徐々にお仕事をさせてもらっている、という状態です。この仕事を三年というのは、キャストも続けながらではなかなか長い方ではないでしょうか。けれど、体感的にはほとんど一瞬です。

本当に面白いことをいろいろと経験させてもらいました。まずもって安心して働ける仕事場であること、それが一番にあります。そしてお客様のお相手をさせていただくやりがいと対価としての高収入、それがモチベーションになって、ここまでやってこられました。

今はこの仕事と自分を切り離して考えることの方が難しいです。昔の自分ってどんなだったっけ、そう思うくらいです。あまり冴えないヤツだった気がします。そんな自分でもこうして稼げているのだから、この高額バイトの求人募集に乗らない手はないと思います。新宿で働けるという特別感も大きいし、やっていて「俺は戦っている」と感じられるんです。

店舗業務は将来のための勉強に

いずれは独立したいという思いがあり、店舗業務をお手伝いしています。マネージャーにお願いして、いくつかの仕事は任せてもらえるようになりました。独立したいということも「あまり軽く考えないようにな」とは言われながら、応援して見守ってもらっています。

お客様の対応やシフト調整など、僕が担当しているのはそのあたりです。正直に言って、やりなれたキャストの仕事と比べると100倍は大変ですが、このへんのスキルを身につけてしまえば将来必ず役に立つはずだし、常連のお客様との人間関係もあって、「何かやるなら出資するからね」と温かい言葉をかけていただいています。

仕事は面白いです。大変であることを差っぴいても、この職場では、僕が一番楽しんでいると思います。稼げるとか、そのへんのことは前提としてあるので、あまり気にしないようになってきました。今はそれよりも勉強、とにかく少しでも多くのことを身につけたいという思いです。そのために自分なりに毎日目標を持って取り組んでいます。

慣れないのは電話応対ですが…

少しずつキャストの調整については、まあこっちの歴が長いこともあり慣れてきたのですが、ちょっとうまくいかないなと思うのは電話応対です。これは僕がなぜか電話だとアガりやすい、何か見ながらこうお客様とつなげるというのが、マルチタスクでちょっとむずかしいと感じてしまう部分に問題があるようです。

ただそこも「慌てるな」と小声で隣にマネージャーから声をかけていただいて、少しずつできるようになってきたかな、と自己評価しています。なんでも経験ですね。

スタッフは面白い人ばかりです。別にあつかましくもなければ、なんというか、過干渉することもないです。ある程度距離をおいてドライに接しているので、そんなに面倒なことを感じることもなく、とはいえ困ったときはもちろん連帯して、個人的に仲の良いヤツもいますし、相談できる環境があります。長居したくなるわけです。

一(仮名) 25歳 店舗スタッフ勉強中

関連記事