出張ホスト1年で西新宿の家賃26万のマンションに引っ越し

実際、こんな暮らしができています

出張ホストを始めて、1年経ちます。まだどちらかというとキャストとしては未熟な方ではないでしょうか。ただ後輩も増えてきたので、ポジション的には中堅だと思わないといけないのかな。

そんな自分の生活ですが、自慢するわけではありません、西新宿のマンションで、広さは57㎡の2LDで家賃は26万。そんなところです。ただ、引っ越しは続きました。今はこの西新宿の部屋が気に入っているので、当分は、ここで生活したいと思っているのですが。

引っ越しのたびにお金が飛んでいくので、最初からいいところを選ぶべきなんです。でも現実問題、お金のことはどうなるのかわからないので、やっぱりみんな安全な家賃を見るんですよね。僕もそうでした。そもそも、無料の寮からスタートしたという経緯があります。

思えば転々としたものです

僕が新宿のお店に入店したのは、1年くらい前です。最初は無料の寮を借りていて、そのときは本当に財布の中にいくら、という経済状況でした。働き始めはやたらと緊張したし、気が張っていたと思います。何せ、はじめてのこういう仕事でしたから、肩に力は入っていました。

ただそれがだんだん、「あ、これわりとゆるい感じでも大丈夫そうだぞ?」と思ってからは接客も自然になったのか指名も増えて、今ではおかげさまで、二十代前半の身分には合わないような暮らしをさせてもらっています。でもそこまでの積み重ねもいろいろありました。

まあ細かい自分の接客とかストーリーは省略しましょう。暮らしのことだけにフォーカスして言うと、月5万円の高円寺のアパート→中野の13.5万円の2DKマンション、そしてようやく今の家です。最初はひどかったですね(笑)思えば、あれだけ稼いでたらそんなに安パイとらなくてもいいだろうってくらい。でも、まあお金に慎重なのは良いことです。

コツコツ貯金、未来に投資

今はホッとしています。しばらくはここに腰を落ち着けて、コツコツ貯金を貯めたいと思います。幸い、無理のないペースで出勤すれば、家賃も生活費もペイして、貯金10万くらいにはなるので。

ただこのお金なんですよね。僕って元来無欲なところがあるのか、別に稼げる高額バイトにハングリーに入ってきたわけでもなくて、ただ偶然見た募集に応募しただけなんです。即金が欲しかったという事情はありますが、それはそのときだけのことで…。

生活でどうこうということは考えないので、運用、とかどうなんだろうと。でも難しそうですよね。頭使うだろうなぁ。ただ、別にやることもないので、少し勉強して投資でもやってみようかなと思います。

お客様に詳しい人がいるので、接客がてら、さりげなく教えていただけたら、なんて思っていたりします。将来的に不労収入、それはさすがに無理かな。でも、セレブなお客様を見ていたら、やはり自分で何かするというよりは、人を動かしてその分け前を取るというスタイルなので、自分もそういう立場になれたらな、と考えたりはします。

英輔(仮名) 22歳 この仕事一本です

関連記事