お客様の承認欲求を満たすことが稼ぐコツ

自分は結構稼いでいる方だと思います

キャスト歴は10か月くらいです。長いのか短いのか、あまり人と比べる方でもないこともあって、そこはわからないのですが、まあ楽しく働いています。その大きな原動力となっているのは、稼ぎです。チップ収入も含めて、月50万以上は稼いでいます。

稼ぐコツを、まあすべて話すわけにはいかないのですが、少しだけ語ります。それはずばりきちっとすることです。お客様と一緒に外を歩いていて、恥ずかしくないファッションと清潔感。これが一番です。接客術というよりは、そういう「印象面」でまずきちっとしておかないと、そもそも指名ももらえないし、いただいた指名を次に繋げることもできません。

ただこんな稼ぐコツの話をしておきながら、月50万円というのが、どれだけのものなんだろうと思います。東京にはもっとたくさんのお金が溢れているんだろうと思うと、自分はそのあぶくを食っているだけなんじゃないか、と。それでもいいのですが、何か今後、この視仕事のあとも大金を掴めるように、新宿を拠点に東京の街を睨んでおきたいと思います。

お客様の傾向として言えることは…

お客様のことについて話すのは難しいですね。慎重を要します。ただ、まあ遠まわしに言うほど逆に失礼かと思うので、自分の感じる率直なところを言いますと、年齢を問わず自分の話をしたがる承認欲求を持った人が多いように思います。

承認欲求、別の言い方をすれば「かまってちゃん」…言いすぎかな。でも事実です。ただこれは、とてもこちら側としてはいいことなんですよ。というのも、そのようなお客様のお話にうまく合わせていれば、こちらとしても気楽ですし、しかもお客様も盛り上がってくれて、それで場が成立するわけですから。

「自分を褒めてほしい人」、そういうのは僕自身の気持ちからもわかります。大なり小なりみんなそうじゃないですか? 認めてほしい、そんなの自然な気持ちで、別に大したことじゃないんですよ。そこをうまく受け入れられるかどうかで、稼ぎが変わると思います。

あくまで僕の感覚ですが…こう考えてます

本当に重ね重ね失礼なのですが、「自分のペットのことを好いてくれるペット」、そんな風に思って接客対応すればいいんじゃないでしょうか。あくまで僕の考えですが、そういう気持ちでいっています。自慢話でも自己語りでも、それがかわいいペットの言葉なのだと思うと、まったくストレスなく入ってきますよ。

高額バイトの募集、自分はあまり見繕わずにこの世界に入ってきたので実はあまりそのへんの事情に詳しくないのですが、たくさん種類があると思います。ただその中では、おそらく出張ホストは相当いいものだし、その他のたとえば作業系の仕事と比べたら、お客様のぬくもり感じられるいい仕事ではないでしょうか。

なんだかぶっちゃけ話をしてしまいましたが、僕の体験談は以上です。何にせよ稼げる仕事ではあります。僕の話にあまりとらわれず自分なりのスタイルを築いてやってみてください。

風太(仮名) 21歳 出張ホスト歴10か月

関連記事