バックパッカーの旅行資金稼ぎのため高額バイトに応募

旅が好きですが今の情勢では…

僕は高校生くらいから旅の魅力にハマって、いろいろなところに行ってきました。やっぱり一つのところに長く留まるよりは、なんとなく人生転々としている方が、性に合っているのかなと思います。大学に行ってからは、授業はほとんどそっちのけで、バックパッカーのゆうな生活です。

数年前から海外を中心に旅をしていたのですが、この情勢です。渡航制限の影響があって自分も動きようがなく、フラストレーションが溜まっています。少しでも動いていないと身が持たない感じなので、今は国内の自転車旅を計画しています。けれど、ついつい凝り性な僕が欲しいマシンはどうしても高くなる(笑)

そうなると、やはり高額バイトをしないわけにはいきません。そして始めたのが出張ホストというわけですが、この仕事自体にもやってみると魅力を持ちました。実際、「出張」のスタイルが自分的にはいい感じで、いつも違うような場所に行けるので楽しく感じています。

いつでも稼げるのも魅力です

仕事そのものの楽しさとは別に、やはり高収入ということもやりがいの一部分です。しかもこちらの都合を聞き入れて働かせてもらえるので、本当に、いつでも稼げる。自由に働けるというの、自分みたいな性格にはベストですね。シフトがしがらみにならないのはいい!

ただ旅行資金を貯めるためには、まあ週に2回くらいでOKなんですが、自分の場合は今はマシンという一つの大きな買い物を考えているので、大体週に3回出ています。それで向こう二か月くらいで、購入の目処が立ちそうです。学生の身分でこんなに稼げていいのかなと思いながら、せっかくいただけた新宿のお店での出張ホストというポジションでガッツリいきたいです。

バックパッカー生活を続けるためにも、ここで有り余るくらいの預貯金を作っておきたいのも事実です。実際僕のペースであちこちに旅行していると、どれくらいお金があっても足りないんですよ。だから今が稼ぎどころだと思って、日々の仕事に取り組んでいます。

募集を見ている人に一言「やりましょう」

もしこんな僕の体験談が役に立つことがあるとすれば、いいなと思います。仕事の内容のことについてそんなに触れなかったのは、なんていうんでしょう、やってみなければわからないところがあるからです。でも誤解しないでください。どんな方でもその人らしさを活かせば、立ち位置を築けるお店だと思うので。

それに運営さんたちも非常に親切な方ばかりで助かります。キャストから上がった人も要るので、現場の気持ちがよくわかっていて、いろいろ相談に乗ってくださったり。キャスト同士は過干渉しないし、お店の居心地という点でもいいと思います。

一言、「やりましょう」です。やってみて、それでちょっとどうかなと思ったら、そのときにまた決めればいいだけです。まず稼げる、それがモチベーションになるので、そのお金をどのように使うか。僕の場合は今は国内の自転車旅のための愛機購入・旅行信金ということが目標で、働く力のみなもとです。

毅(仮名) 21歳 学生

関連記事