居酒屋店員が減給のためダブルワーク開始

給料が下がったことが原因です

居酒屋の社員をやっていたのですが、この仕事はただでさえ厳しいです。飲食店はやっぱりいろいろ難しいところがあって、ハードワークだなと思います。やりがいを感じられるかというと、正直自分的にはそうでもなくて、ただなんとなく続けていました。

そこへ、このコロナの影響です。はっきり言って、お店的には大打撃です。上の方も頭が固いところがあって、店としちゃどうしようもないのに、現場に責任を押し付けてくるんですよね。で、やっぱりなんだかんだと理由をつけて減給。キツかったです。

自分は蓄えもそんなにないし、このまま行っていけば本当にマイナスになるばかりで、やっぱりここは何かバイトをするしかないぞと思いました。それも、やはり本業メインなので困ったときにやれるようなわりのいい高額バイトです。そのような募集を探して、出張ホストという職があることを知りました。

今は兼業でやっています

はじめて耳にするような仕事でしたが、新宿のド真ん中でなんか面白そう系かな? と好奇心を持って応募しました。結果、「いろいろあるのはわかるよ」とこちらの事情も慮っていただき、採用してもらうことに。今は、居酒屋社員との兼業でやっています。

出張ホストというのは始めてみると、思ったよりも気楽なもんでビックリしています。自分自身が居酒屋店員で鍛えられていることもあるのか、正直、この仕事の接客というのは比較的にラクです。お客様もみなさま人間的に洗練された方ばかりで、砕けた雰囲気の中でも礼儀正しい言葉遣いをされたりと、見習いたい部分ばかりです。

またお店として、困ったときにいつでも稼げるというのも嬉しいです。給料を補充する感じでダブルワークさせてもらっています。一応会社員ではあるので、そちらも両立しながらほどよく自分のペースで入ることができて、出勤ペースにも仕事内容にも不満はありません。抜群の待遇です。

密にならないのもいいですね

居酒屋店員兼出張ホストのダブルワーク生活を始めて、今半年弱くらいです。この期間は、店外指名をいただくことが多く、出張で仕事をこなせるので人ごみの多いところを避けて、密にならない場所で稼げるので安心しています。

ただいつまでこの情勢が続くんだろうと、やっぱりちょっと磨り減ってきているのは事実ですよね。それは僕自身というより、社会全体としてそうだと思います。その中で見つけたこの副業には、ありがたい気持ちを持っています。単に稼げるということもあるし、やはりお客様やキャストと穏やかな交流を持って、精神衛生にいい環境で働けるというのは一種の滋養になっていると思います。

今後もしばらくお店には厄介になるつもりです。コロナ明けくらいまで、ひとまず続けるつもりです。その後もちょくちょくお世話になるかも…まあ何にせよ、こういう稼ぎ方のオプションがあるというのは、本当に心の余裕になりますよね。みなさんも一つ、何かそういうよりどころを見つけられたらいいんじゃないでしょうか、この時代には。

錬太郎(仮名) 23歳 居酒屋社員

関連記事