売れない芸人が高額バイトで資金を稼いで劇団設立

特技を活かせる出張ホスト

売れない芸人やってます。こんな言い方しちゃダメですよね。最初から売れないって自分で決めつけてるみたいで。でも今は仕方ありません。芸人としてはパッとしない毎日です。

けれど、自分、ちゃんと稼ぎはあるんですよ。高額バイトをやっていて、それが出張ホストです。正直、これほど自分の芸が活きる場が他にはないんじゃないかというくらい、おかげさまで稼げています。

自分は、まあ、そういうプロの世界では売れない芸人ですが、この世界では、やっぱり喋れる方に入ります。だから、と自分で言うのも何ですが、面白がってもらえたりするんです。

同じような芸人の仲間は結構います

出張ホストは売れない芸人にとって、今ちょっと「いい稼ぎ口だぞ」という噂が立って、他にも何人か同じ店で働いている後輩たちもいます。得意の喋りで、後輩と一緒に指名されたときなんかは、コンビネーション芸でウケまくったり。

でもまあ、そこは芸人同士のルールで、後輩には先輩がメシとか基本奢るってことになっていて、奴らも僕が今そこそここれを稼ぎ口にして金を持っているのを知っているので、毎日のようにメシに連れていかされるのには困っていますが…。

そうはいっても、同じ職場で、芸人仲間がいるのは嬉しいです。指名を受けて仕事で笑いをとりながら、合間時間とか、終わった後に芸について後輩と語ったりしていると、出張ホストとしての自分と芸人としての自分が、時々どっちかわからなくなります(笑)

芸の方がおろそかになりがち…だから今は劇団設立に向けて

このバイトが高収入だし、おまけにこっちではそこそこウケているので、なんだか自分の立場がわからなくなってくるんですけど、やっぱり本職の芸人の方では、さっぱりです。というか、こっちが良い分、芸事はおろそかになりがち…。

そこで、最近は事務所で芸人をやるかたわら、後輩芸人と他にも面白い仲間を集めて、劇団を作りました。これは別にお笑いにこだわったものじゃなくて、自分たちが楽しいと思うことをやろうぜ、みたいな感じで、今脚本書いて練習したりもしています。

おかげで自己資金ですがお金はそこそこあるし、箱を借りて、そろそろ第一回の公演を打つことはできそうです。

他店からの移籍も多い 老舗の安心感か

この世界、とにかく飛び込んでやってみれば給料が良いのは確実で、おまけに喋り好きならば人気が出るというので、他店でも今芸人のキャストが増えていると聞きます。

ちなみにこのお店にも、他店から移ってきた芸人がいます。やはりその理由は、他のお店と比べて、お客様の数が多く、稼げるからです。芸事やるには生活費とはまた別に、それなりに凝った芸作ろうとすると金が必要なので、他店の店の稼ぎでは足りない、という奴がもっと高収入ゲットするために頑張りたいと入ってくることもあります。

求人を見て、僕の場合は即応募しました。あんまり考えすぎなかったことも良かったと思います。というのも、そのときは「出張ホスト」という変わった経験、これもやってみれば芸の肥やしになると思った部分もあったんですよね(笑)

竜(仮名) 21歳 芸人

関連記事