将来は独立を目指して現在はスタッフとして勤務

キャストからマネージャー代理へ

今、自分はこの仕事は二年目になります。最初はキャストから入ったのですが、今はマネージャーが非常に多忙で、その代理みたいな仕事をしています。

もともと、大卒後、ロクに働く気なんて一切なく、自分の趣味であったバンド活動をしながら、毎日の生活費とバンドの活動費を捻出するためにこのバイトを始めました。

ただ、バンドマンとしての自分は、正直、しまりのない感じというか…メンバーもあくまで趣味程度で、あわよくばCD出せたらいいな、みたいな雰囲気で、大学卒業後は就職しない言い訳のために活動を続けていたようなところがあります。

なので、特にこっちで高収入を稼げるようになってからは、自然と出張ホストの方に身が入ってきました。

一年キャストをやってお店の雰囲気が掴めた

今はお店の管理スタッフとして勤務して、大体半年くらいでしょうか。入店してからキャストで実務をやって、お店の雰囲気は大体掴めましたね。指名からお客様につなげるマネージャーや主任の仕事も、横目で見ていましたし。

お店の中でも出勤数が多く、歴も長くなってきたので、「とりあえずバイトリーダーということで」と、ある日店長に言われてからは、どちらかというと、マネージャー代理みたいなスタッフとして勤務するようになりました。

そうしてみると、これが、現場で出張ホストやっていたときより、ずっと、やっぱり難しいのは難しいんですよね。ただ横目で見ているのと、実際自分がその立場になってやるのとでは、まったく違いました。バイトのシフト管理から、ちょいちょいミスってしまったり…。

その分は僕自身が出勤して穴埋めしたりしながら、どうにか半年やってきて、キャストとしての現場と、管理職の感触が、ようやく自分の中でミックスされてきて、失敗も減ってむしろお客様のご利用増など、成功が増えました。お店の雰囲気というか、中身が、本当の意味で掴めてきた気がします。

バンド活動は続けながら…でも将来は独立したいかも

実は今でも、バンド活動は半端なまま、続けています。ただ、自分の方に結構、この高額バイトのおかげで資金ができてきたので、環境のいいスタジオに入って練習したりすることも多くなってきたりして、ただ趣味でやるにしても、以前より面白くなってきました。

そして、今は何より、出張ホストのお店の仕事が面白い。もうほとんどすっかりと裏方に回って、求人募集の活動をすることもあれば、マネージャーとしてキャストの相談に乗ったり、指名以外のお客様からのご依頼にも丁寧に応えるようにしています。

先日は、お店のソファーを入れ替えたりもしました。これもお客様に言われて、自分が見繕ったもので、好評ですね。そんなことでも、店長に自分の案が採用されて、実際ウケが良かったりすると、すごく嬉しかったりします。

将来は独立開業、ということも考えないでもないです。それくらい、この仕事にハマってきました。基本的に身も心も、もう出張ホストの世界にあって、プライベートにバンド活動で息抜きというライフスタイルです。けれど、将来は独立への道、まだまだ遠いかな(笑)その資金も高収入のこの仕事で稼がせてもらいながら、しっかり勉強させてもらいます。

孝(仮名) 23歳 バンドマン

関連記事