フリーランスのWEBデザイナーが副業で高収入バイト開始

仕事が減ったのが副業するきっかけ

フリーランスのwebデザイナーをやっています。気ままな生活です。基本的には。順調に仕事が入ってくれば、これ以上ラクで自由な仕事はないと思います。
すべて自分都合で生活できるし、いつ起きても、いつ寝てもいいし、面倒な規則に縛られることもありません。

でも、なかなか、そんな恵まれた状況というのは、現実には続かないものです。
去年の夏くらいから仕事が減り始めて、ひどいときには、二週間以上まったく仕事ができない日々もありました。さすがにそれでは、なけなしの貯金が目に見えて減っていくばかりなので、やっぱり何か外に出てバイトはしないといけないのかな、と思うのですが、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

低い時給とか、条件とかで、すぐにやる気が萎えます。自由出勤の高収入バイトでもないかな…と都合のいいことを考えて、ズバリそれに当てはまる形で見つけたのが、出張ホストの副業でした。

働いた分だけのお金になるのを実感

フリーランスの生活をしているとどうしても内にこもりがちになるので、あるいは変わった世界かもしれないけれど、人と接することに餓えていた自分にすれば、むしろやってみたいという感覚で応募しました。スケジュール調整は、本業の方はわりと自由になるので、最初の方はしばらくは出張ホストの方ばかりやっていました。週5とか仕事を詰めていたときもあります。

成功も失敗も、その頃にいろいろ経験を重ねたおかげで、自分で言うのもヘンですが、ほとんどどんな方にも対応できるだけの接客術が、約3カ月くらいで身についていたと思います。働けば働いた分だけのお金になるし、予想以上の高収入を毎月実現しています。

全く負担のないダブルワーク

それに加えて、本業の収入も少ないながらあり、それぞれの仕事で別の筋肉というか感覚を使う感じがあるので、仕事をしている時間は決して短くはないと思うのですが、不思議に負担に感じることはありません。それに、どうしてもキツいときにはお店の方でも調整してくれるし、とても働きやすい環境を整えてくださっていると思います。

ほとんど自由出勤みたいなものだし、自分が考えていた当初の都合のいい理想は、今のお店で、大体その通り叶えられてしまいました(笑)

お金に余裕ができたせいか心にもゆとりが

最近では、フリーランスを続けていくことに対して、「どうなんだろう」と感じることもよくあります。人と接していると、純粋に楽しいし、家にじっといるよりももしかしたらラクかもしれません。それもこの仕事だけのことで、僕はたまたまラッキーに恵まれただけなのかも、とも思うのですが、それでも、やはり、今後はもっと、今の仕事以外でも、外の空気を吸っていろんなものを見なければいけない、と感じたりもしています。

お金に余裕ができたことは、本当に何よりも大きいです。それで心に余裕があるから、前向きなことを考えられるのかもしれません。だからこそ、本業としても、副業としてでも、人にもチャレンジしてほしいと思う仕事です。

直人(仮名) 23歳 webデザイナー

関連記事