家賃が支払えなくて日払いの高額アルバイトを探していたら…

出張ホストのバイトを始めた頃は、とにかくお金に困っていました。

東京での生活って、上京してくる前に想像していた以上に厳しいものがあるんです。

家賃を払うだけでも精一杯で、自分のために使えるお金なんてまったくありません。

デートもできずに恋人にフラれたこともあり、僕も高額アルバイトを決意しました。

その当月は、家賃の支払いもギリギリという状況だったので、希望したのは日払い。

でもなかなかそういう条件のいい職場って、ないんですよね。

候補として残ったのは、出張ホストというバイトでした。

面接で日払いの希望を伝えたら、全然大丈夫だよ、ということで一安心。

あとは、どれだけ稼げるかってところだったんですけど、それも杞憂に終わりました。

働き出した初月から、それまでのバイトの5倍近い収入を得ることができたんです。

おかげで、感覚的には、しばらく働かなくてもいいんじゃないか、ってくらいでした。

でもそういう気の緩みがまた前みたいな貧乏生活に繋がると思い、無理めに週5日出勤。

そのペースで働き続けていたら、いつの間にか、僕の生活は激変していました。

今では、食料品も、洋服も、何もかも、ほとんど値段を気にせず買えるというレベル。

応募した当初は「短期で」なんて言っていましたが、今やもう長期希望です。

できるだけ長くこの職場にいて、余裕を作っておきたいという思いがあります。

貧乏生活に逆戻りするのは、もう怖いし、やっぱり大人としてダメだとも思うので。

シンジ(仮名)21歳 学生

関連記事