就活失敗して求人応募するまで無駄に若さを垂れ流してました

就活失敗して卒業してから就職できないまま、フリーターしたり、実家でごろごろしたり、若さを無駄に垂れ流していました。

もっと早く、出張ホストしてればなあ、と後悔はつきません。

卒業後って今までの生活にすでに疲れてるんですよね、希望に向かって走っていくやつと、疲れちゃってるやつがいます。

僕はどっちかというと後者です。

希望はあったけど、かなわなかったからどっと疲れたのもあります。

就活失敗したし、しばらく休みたいって感じでした。

でも、そこでこの出張ホスト応募してやってればなあ!
あの段階で応募してたら、とりあえずお金には困っていなかったと思うんですよ。

そして、実家で邪魔者扱いされる前に独り暮らしできたたとも思うわけです。

早く、早く応募しときゃあ、もっと早く楽しく生きられたのに。

仕事って体力あるほうがいいに決まってます。

この出張ホストだって体が資本、若いうちの1年、1年が貴重なんです。

若いって何もわかんなくて、わかんないから楽しいし、疲れるし、でも、お金はいつだって必要だし。

人生ずっときっとお金はいるだろうし。

稼いでおいて損なんてなにもないわけだから。

ストレスとか悩みってあってもいつかは乗り越えたりできる、黙ってても癒されていくこともある、でもお金はだまってても出てこないって考えたほうがいいですよね。

掴もうって思って行動しない限り、わかりきった結果しかないんです。

それに気づくのに若い時間を使ってしまいました。

欄丸(仮名)22歳 フリーター

関連記事