恋人代行サービス分野の求人に応募したわけ

学生アルバイトで稼げる仕事を求人サイトで探したら出張ホストという仕事にいきつきました。

レンタル彼氏、恋人代行サービス、ホスト、擬似恋愛サービスなど、こういう業界日本はレベル高くないですか。

レンタル彼氏なんかは最近は怪しいイメージも薄れて、普通になっちゃいましたけど、こういう恋人代行サービスという分野って昔から形変えながらずっとあります。

ずっとあるってことは必要とされることだから。

世間ではイメージ的に明るいものでなくても、それでもありつづけてるっていうのは吸引力が半端ではないってことです。

だから、一回はやってみたい、って思ってました。

こういうことができたらきっと何か役立つって思ったからです。

今現実に必要とされている資格などもあればいいでしょうけど、人に対するスキルをアップするにはこの分野の仕事はかなり自分を鍛えてくれるものじゃないかなと思ったんです。

向き不向きはあっても、どこでも教えてくれない対人術がちょっとでもわかったらめっけもんです。

出張ホスト辞めても、就職しても、一生もんです。

とまあいいましたけど、応募動機は稼げるから、っていうのが一番です。

面接で求人に応募したきっかけを聞かれて、こんな風に熱く答えてしまいました。

かなり、ウザいかもしれません。

これから応募する人はお金がほしいから、でいいと思います。

僕の熱意が届いたのか求人に応募してすぐ採用され、めでたしめでたしです。

よく、水商売系に眉ひそめる人いますよね、でも、僕、好意的ってかかなり好きです。

そこをわかって欲しかっただけなんです。

瑠太(仮名)20歳 学生

関連記事