高卒でその日暮らしの貧乏フリーターが転職して高収入!

僕は、出張ホストに救われたので、本当にお店に足を向けて眠れないって気持ちです。

その日暮らしの貧乏生活に嫌気がさして

この仕事に転職するまでの僕は最悪でした。
ずっと割の悪いバイトばっかりしていて、もう24にもなって、貯金はほぼゼロ。その日暮らしみたいな感じで、ずっとやってました。

それで、そんな生活が徹底的に嫌になったのは、ある日、突然水道を止められてしまったことです。
ただちょっと料金を払うのが遅れただけなのに、本当に連絡もなく水を止められて、怒りを感じました。
でも、その一方で、そこまで信頼のない自分が情けなくなったのも事実です。24にもなってバイト暮らしでは、それも仕方ないのかもしれませんね…。

転職を決意して見つけたのが出張ホストの求人でした

そこで一念発起しました。
バカみたいなバイトから転職して、成り上がってやろうと。
でも、求人誌を見る限り、正社員というのは簡単ではなさそうです。
まともな大学出ている人でも決まらない人がいるぐらいだから、高卒の僕は推して測るべしです。

だから、自由な夜の時間帯を活かして何かできないかと、高収入の仕事を探しました。
そして見つけたのが出張ホスト(デリホス)の仕事です。
僕が住んでる場所は池袋ですが、新宿にお店があって、業界では老舗と言われる店舗。
お仕事の内容としては、まあ単純に言えば、指名してくださったお客様を楽しませるというものです。

二度と貧乏には戻りたくないという思いで働いてます

そんなの、初心者にできるのか!? って感じですが、お客さんが多いので、何せ仕事は結構あります。
だから、数をこなすうちに、もうすっかりと慣れてしまいましたね。
何より続けるモチベーションになるのは、やっぱり、安易なようですが、お金です。
一度極貧生活を味わうと、安定した「普通な生活」ができることがどれだけ素晴らしいことか、本当に身に染みてわかります。
そして、一度それを味わうと、「もう二度とあの生活には戻りたくない」と思います。だから、仕事にもいっそうの身が入るわけです。

それから、新宿という都心の、本当にど真ん中で自立して働いて、生活できているという感覚も、なんというか自己肯定感みたいなものを与えてくれます。
これもやりがいです。

転職して数か月後には生活レベルが上がりました

最初は慣れないこともあって、いきなり高収入というわけにはいきませんでしたが、数か月続けてやっとまとまった貯金も作れて、おかげで今ではもう少し上等な家に引っ越しすることもできました。
もちろん、前みたいにいきなり水道を止められることもないです。

もちろん出張ホストというのは仕事だし、僕は転職して、この仕事を自ら選んだということになります。
だからそれなりの意志も責任感もあるのですが、それでもふと「この仕事楽しいなあ」としみじみ思うことがあります。
もともと人と接することが好きだからかもしれませんが、お客様からいろいろな話を聞いていると、単純に面白いと感じるんです。
お金以外のやりがいもある仕事なので、迷っている人には、僕的にはお勧めしたいです。

洋(仮名) 24歳 元フリーター

関連記事