ガテン系から日給3万円の仕事に転職!出張ホストで見つけた自分の道

ガテン系は自分に合ってない、ずっと悩んでました

今まで生きてきて、ほとんどが肉体労働。それくらいしか仕事がなかったんです。
でも僕、まあずっとガテン系ですが、正直ちょっと繊細なところもあるというか…恥ずかしい話なんですけど、ちょっと体力だって本当は型枠大工なんてことに合ってないんじゃないかってくらい虚弱とは言わないまでも貧弱で、いつか転職したいと感じてはいました。

生活の方も…そうですね、別に悪くはなかったと思うんです。でも、なんか閉塞感があるのは確かでした。このままいったら、俺一生この六畳一間か? みたいな。そういう閉じ込められた感じを、どこかで突破することができれば…と、そんな考えがあったんです。

転職しようというきっかけになったのは、怪我をしたことでした。

まあこういう仕事やってれば、怪我って付き物ですけどね。それにしたって今回はちょっとひどい感じで、「ああ、そろそろ本当に…」という感じになり、ちょっと休むことにしました。で、その間に考えたのは、もう少し自分に合った仕事を探そう、ということです。

それで、以前から接客業に興味もあったので、その線で…という気持ちで、「おっ?」と目がとまったのが、出張ホストの求人です。ガテン系から出張ホストって、ちょっと飛躍しすぎかな、という感じはしないでもないんですが、まあ一度チャレンジしてみようかと。
日給3万円以上稼げるって噂もあったりして、そういうのに惹かれたのも確かです。

出張ホストは驚くほど自分に合った仕事だった!

まあ、でも実際にやってみないことには何もわからないな。まったく相性が合わないってこともあるだろうし…みたいな感じで、まあ最初は腰掛けって感覚で応募してみたんです。
でもこれが、まあ、びっくりするくらい、自分の性格には合った仕事でした。

お客様とトークするのは純粋に楽しいし、笑顔で「楽しかったよ」とでも言ってもらえると、すごい充実感があります。これだこれだ、俺が求めていたのは、みたいな(笑)やっぱり肉体労働って、本当は自分に合ってなかったんでしょうね。気付けてよかったです。

自分が好きって思える仕事が見つかって人生が充実してます

生活の方だって、やっぱり稼ぎがいいのでそれは上向きで、今では新宿に引っ越して、そこそこいい暮らしをさせてもらっています。昔の仲間が見たら、ちょっと驚くくらいいい服も着てるし、なんか、違う自分になったみたいな感じ(笑)そういうのって楽しいし。
何より、「俺は今、自分が好きって思える仕事をしてるんだ」というのが、一番いいところかな、と思います。あのままガテン系続けていたら、どうなってたんだろう…それはそれで何かあったのかと思いますが、自分としては、やっぱり今の道が正解だったと思います。

そんなこんなで、おかげ様で、まだギリギリ若いと言える22歳くらいで、なんとか自分の人生ってのを、とりあえずは打ち立てることができました。いつも指名してくださるお客様と、お世話してくださるお店には、本当に感謝の気持ちがつきません。転職して良かったです。

良治(仮名) 22歳 元型枠大工

関連記事