面接を一度ドタキャン…それでも採用してくれたことに感謝です

求人に応募するも面接が急に不安になって。。

まだこの仕事のこと何も知らなかったあの頃…(いつだよ笑)。実は出張ホストの求人に応募して面接の予約して、一度ドタキャンしてしまいました…。

電話で風邪引きましたってウソいってしまいました。連絡はなんとか入れなきゃと、苦しい言い訳。実は近くまで行ってたんですが、急に不安になったんです。まあビビったわけです。

スタッフさんの優しさに心を打たれ再度お店に電話

その時のスタッフさんの対応は今でも覚えてます。すごい心配してくれたんですよ。「体大丈夫?面接のことは気にしないでいいからゆっくり体休めた方がいいよ」って言ってくれたんです。まあ、社交辞令だったと思いますが、その時は自分が悪いことしたっていう後ろめたさもあってその優しさが心にグサッときました。

でも、こんな対応してくれるお店ならやっぱり働いてみようかなってちょっと安心したんです。それで、後日あらためてお店に電話したら「待ってたよ!」って。風邪は嘘だとバレてるだろうから、対応は冷たいのかなぁって思ってたら、とても優しかったですね。今も変わらずスタッフさんも気さくだし、お客様のことで悩んだり接客でわからないことは親身になってくれます。

お店によって良し悪しが大きいので注意です

こういうと、どこの店もそうだと勘違いされるといけないので、いっておきます。出張ホストの仕事は安全な店とそうじゃない店が実際ありますよ。今いる店は業界でも知っている人が多く、風営法の申請も出しているお店です。営業許可が下りていない店や登録料と払わされる店、店舗がなくてもとりあえず収入は得られるところなどピンキリです。

どうせやるなら安心できるお店のほうがいいに決まってます。ちゃんとしてる店なら、安心して働けるし、お客様の質も良いので、頑張ってステップアップすることもできます。ようは頑張りがいがあるんです。

もし働くならうちのお店に応募する事をお勧めします

例え一生懸命頑張っても、自分のエネルギーがだだ漏れするような仕事って疲れるだけですから。こういう業界だからこそ、自分を大事にしたいものです。特にこの仕事は怪しいんじゃないか?怖そうだなーって思う人こそ、このお店に応募することをお勧めします。
面接ドタキャンしたお前が言うなよ!って話ですけど(笑)

拓海(仮名)23歳 フリーター

関連記事