地方から出稼ぎ上京して新宿で高収入ゲット

出張ホストを始めて半年で生活が変わりました

いろんなことがありましたが、出張ホストを始めて良かった、と思います。
今で六か月。この半年で、ずいぶんといろいろなことが変わりました。みじめったらしい木造アパートの生活からも脱し、今はちゃんとしたマンションに住んでいます。毎日の食費に苦しむことはないし、服だって小奇麗です。タクシーにも乗れます。そんな今のことを、もし過去の自分に聞かせることができるとすれば、「絶対にありえない」と信じないでしょう。
でも、本当です。「どうやったんだ」と前の自分が聞いてくるとしたら、「出張ホスト」と答えます。

田舎で工場働きだったけど将来の事を考えて上京

もともと、僕は田舎でずっと暮らしていました。高卒で、地元の食品工場で働き始めたんです。なんだかんだ、居心地は悪くありませんでした。仲間もいるし、特に上昇志向みたいなものもなかったので…。

でも、あるときから、仕事がだんだんと少なくなってきたんですよね…。一人、また一人と職場から人が去るに連れて、これはもしかしたらここにずっといても将来はないかもしれないと考えるようになりました。それなら、自分だって貯金があるんだから、東京に出て見よう、と。

東京での生活に行き詰まり、何とかしたくて出張ホストへ

とはいえ、そんな漠然とした思いで出てきた東京での生活は、すぐに行き詰まりました。とにかく金がかかる、何をするにも金がかかる。たちまち貧乏になり、これじゃやっていけない…と、諦めかけたそのとき、そういえば、新宿なら出張ホストって働き方があるんじゃないかと、何かで見た記憶がよみがえり、今のお店に問い合わせてみたんです。

採用後、毎日働いたおかげでお金に困らない生活に

すると、その翌日には面接をしていただいて、即採用となりました。それからは、しばらくもう毎日のように働きましたね。なんだか、出稼ぎみたいな感覚で、鬼出勤(笑)まだ初心者だったので、当初はなかなか接客に行き届かないところはあったと思いますが、それでもその頃の経験はいろいろと糧になり、やがて自分なりのやり方が確立できました。
それからは新宿で、しばらく、指名にあぶれない日々が続きます。貯金はみるみる膨らんでいって、引っ越しもできて、高卒フリーターとしてはありえないような高収入を取ることができるようになりました。

今は出張ホストをしながら将来の生活プランを考えています

今は少し調子が出ないので週一回にしていますが、高額バイトなので、それくらいでも現状維持くらいはできるのが凄いところです(笑)出稼ぎ、という感覚はもうなくなりましたかね。田舎に戻ろうというつもりはなく、このまましばらくは東京で頑張って、いずれ何か有用な資格でも取れたら、こちらで就職しようかな、と考えています。

もちろん出張ホストって仕事は、人気商売です。だから、いつもこちらの思うとおりに稼ぎが得られるってわけではなく、時と場合によって好不調の波はあります。でもそれも織り込み済みで生活のプランを立てるようにすれば、少なくともすぐ餓えることはありません。どっしりと腰を据えて、対価の良いバイトをしながら、将来のことも考えられます。

信(仮名) 23歳 フリーター

関連記事