売れないお笑い芸人が高収入バイトで芸を磨く

貧乏生活が辛かったので副業で出張ホストやってます

出張ホストで稼ぎながら、お笑い芸人やってます。
まあ、まったく売れない芸人なので、「なんか面白いことやって」とは言わないでくださいね(笑)こんな文章でボケられるはずもないし、まだまだ芸を磨いているところなので。

でもまあ、というか、お笑い芸人なんてのは、大体は貧乏なもんです。それが芸の肥やしってところもあるかもしれませんが、何よりこういう生活は単純に辛いですね。そんな辛さに耐えながらいいネタを書くなんてのは、僕にはなかなかできそうにありませんでした。

面接では一発芸を披露して何とか採用されました笑

だから、貧乏生活に酔わず、高収入バイトでも何でもして、まずは生活の基盤を固めてから自分の目標も追いかけていこうと考え、四畳半の部屋を抜け出して、なんかガラじゃないみたいですが、出張ホストを始めてみることにしたんです。

長い四畳半一間の生活のせいで、若干顔は暗いのですが、自分は、やっぱり人と接することは好きだし、コミュ力みたいなものには自信がありました。だから、お店の面接でもそこをアピールして、軽くスベりながらも一発芸なんかも披露し、何とか採用にこぎつけたというわけです。

自分の芸に磨きがかかってだんだん指名が増えてきました

まあ、しかし高収入バイトとは言っても、なかなか最初から順調に稼げるってわけではなかったですね、自分の場合。お笑い芸人ってことを言うと、やっぱり何か面白いことをやれと求められるのですが、自分には残念ながら腕がないので、かえって場を白けさせるばかりでした。
でもでも、だんだんと自分のそのスベリ芸みたいなものが、お客様に評判になってきたんです。全然面白くなくて面白い、みたいな。そんな芸風で、徐々に指名も増え、リピートしてくださるお客様も多くなってきました。

おかげでこちらも話芸みたいなものは少しずつ身についてきたし、これぞ芸の肥やしという感じで、日々、学ばせてもらっている次第です。出張ホストがまさか「修行」になるとは、思っていませんでしたね。
誰にでもおすすめできるってわけじゃないですけど、とにかくチャレンジしてみる価値はあると思います。向き不向きってありますからね。それがもし向きの方なら、ある程度の額はやっぱり稼げる仕事なんじゃないでしょうか、出張ホストってのは。

生活が上向きになり、お笑いの仕事も増えて順調です

おかげで、というわけでもないかもしれませんが、最近はちょくちょく、ネタ見せ番組にも呼ばれるようになって、出張ホストの高収入バイトの給料と比べると雀の涙みたいなものですが、ギャラも貰っています。そんなギャラでも、自分の芸で稼いだ金で食べるご飯というのはおいしいもんです。
そして生活の方も上向きです。いろんなことに金が消えていくので、引っ越すことができたといってもまだ八畳一間のワンルームマンションですが、なかなか立地はいいし、以前よりもずっと気分よく暮らせています。

いろんなことを難しく考えないことって、重要ですね。大事なのは、思いきりなのかもしれません。出張ホストって仕事が今の自分からどれだけ遠く思えても、とにかくやってみれば何とかなるし、その成果はお金という形で具体的になるので。

ミナミ(仮名) 21歳 お笑い芸人

関連記事