美容師見習い 内緒でアルバイトして仕事も生活も向上しました!

美容師見習いは給料が安すぎて生活がギリギリ

出張ホストのおかげで何とか東京で生活していますが、この仕事がなかったら、もう地元に帰ってきたかもしれません。それくらい美容師のアシスタントって立場は、辛いです。
いや、職場環境とかには文句はないんですよ。何より辛いのは、給料安いこと。いや安いなんてレベルじゃないです。もう本当にギリギリ。一ミリの贅沢もできない感じです…。

出張ホストは楽して高収入だからあまり人に言いたくない笑

大きな声では言いませんが、他のアシスタントたちだって、絶対に内緒でアルバイトしていると思いますね(笑)だから、僕が出張ホストで稼いでいるのも、普通のことです。でも、この仕事のことは言いたくないですね…だって、あんまり楽で、すごい稼げるから。
その楽さたるや…もう、ちょっと拍子抜けするくらいです。もちろん、本職がそれなりにきついこともあって、そのギャップで相対的に負担がないように感じられるのかもしれませんが、実際、体力的なきつさはまずありません。それから、美容師見習いの僕にとっては、お客様とお話しすることは、むしろ楽しい! だから精神的な苦も一切ないんです。

「内緒でアルバイト」 プライバシーはしっかり護られてます

不定期で入っていて、給料は日払いでもらっているんですが、特にそういう働き方で他のスタッフと区別して扱われるとか、そいうこともありません。お店には、平等に見てもらっています。「内緒でアルバイト」ということも話しているので、プライバシーもしっかり保護してもらってます(笑)助かっています、というか、もっと言えば救われています。

ただ、あんまり調子に乗らないようにしようとは思っていますね。軸足はあくまで美容師のアシスタントなんだ、ということは常に自分に言い聞かせています。だから、稼げなくなったときのことも考えて貯金もしているし、デカい買い物もしないように気を付けています。

バイトのおかげでささやかな「楽」ができるように

何よりお金があって助かるのは、苦しさをある程度軽減できることです。たとえば、本職の仕事の帰り、もうヘトヘトで駅から自宅まで歩いて帰るのもしんどいことがあるんですけど、そういうときは、迷わずタクシーを利用します。で、途中でコンビニによって弁当を買って、食事も簡単に済ませちゃう。

そういう「楽」をさせてもらえるのが、出張ホストで稼げるようになって、自分の生活が大きく変わった点ですね。なんだかささやかなようですが、リアルな話です。

自分の夢のためにいろんな経験を積んでいきます

おかげで、翌日に疲れが残ることもないし、お客様とお喋りすることで話題の引き出しも増えたしで、本職の方にも良い影響が出ています。「おまえ、なんか最近、面白い奴になったな」とか先輩にも言われて、いい感じっすね。元気になった、とも言われたりします。

やっぱり、東京でまともに、一人前に生活していこうと思うなら、こういうダブルワークもちゃんと前向きに考えなくちゃダメですね。正攻法でやるには、今の世の中、複雑すぎるんです。もちろん自分の夢は美容師ですが、そのためには、いろんな経験も必要だと思いますし、出張ホストもその一つだと考えています。

真(仮名) 20歳 美容師見習い

関連記事