群馬から上京 高収入な出張ホストで未来が拓けました

地元から上京したくて見つけた「出張ホスト」の求人

僕の地元は群馬です。グンマーってやつですね(笑)何かとバカにされてる田舎です。
その中でも田舎に住んでいたので、仕事なんて、もう壊滅的でした。特に、僕みたいな学も能力もない人間は、いくら若くても雇ってもらう職場なんて本当に簡単には見つかりません。うまく職にありついたとしても、薄給。一生の下働きって感じです。これマジで。

だから、とりあえず、前までの僕の目標は、群馬から脱出することでした。しかし、東京で一人暮らしをするにも、その資金がありません…。どうしようか、と悩んでいたときに見つけたのが、出張ホストの求人でした。

採用後すぐに上京して3ヶ月間頑張りました

電話してみると、とりあえず面接に来て採用になれば、身一つで出てきてもお世話してくださるということだったので、その言葉に甘えさせてもらいました。無事採用になって都内に引っ越して、それからはもうがむしゃらに働いて…突然人生がスピーディーになったので、若干それには戸惑いながら、でも、3か月もすれば大体のことには慣れましたね。

仕事は高収入でやりがいもあって充実!上京して正解でした!

曲りなりに半年働いて、分かったことがあります。
まず、あのとき自分が考えていたことは、やっぱり正解でした。未来がない地方都市で一生を終えるなんて、バカげています。何がなんでも東京に出てきて、稼いで、頑張って働いて…今は、ちょっと恥ずかしい話ですが、「夢」までできて、毎日がとても明るいです。

それから、この出張ホストという仕事、正直最初は腰掛けのつもりだったのですが、すごく楽しいです。高収入がモチベーションになっているのも事実ですが、それ以上に、お客様と接して楽しくお喋りすることに、大きな充実感があります。

職業をきかれたら堂々と「出張ホスト」と言えます

どちらかといえば、僕は恥ずかしがり屋な方で、対人関係も上手にやれる方ではないのですが…それでも、ほとんど難しさを感じたことはありません。おそらく、指名してくださるお客様のお人柄とか、お店のサポートに救われているのでしょうが、それにしても。

今は、もう、腰掛けなんて気分じゃありません。世間的に見ればフリーターなのかもしれませんが、自分では、もう、いっぱしの出張ホストになりきった気になっています。もし「仕事は何をしてるの?」と人に聞かれたら、堂々と「出張ホスト」って答えますね。

見出し地元にいたままでは今の生活はありえなかった

群馬にいた頃は、自分の年齢で、しかもたったこれだけの労力でこんな高収入が得られるなんてイメージは、一切ありませんでした。「一生懸命がんばったら、それだけの対価がある」というのは、子ども時代から漠然と信じ込まされている社会的な価値観だと思うのですが、やはりそれには嘘があります。地方では、その嘘が本当にはっきりとしています。

出張ホストで稼げているのはチャンスを掴んだおかげ!

まあ、だからと言って、東京には夢とか可能性が無限にあるとか、そういうつもりもないのですが…運とか、チャンスはそのへんにいくらでも転がっていますね。僕が出張ホストの仕事を見つけられたのも、それで稼いでいるのも、それを掴めたからだと思います。

お店は不定期の出勤にも日払いにも対応してくれます。関東近郊の方には、週末だけのバイトにもおすすめしたいです。それでもし資金が貯まったら、上京したらいいんですよ!

颯(仮名) 23歳 元フリーター

関連記事