3か月で借金生活から脱出

出張ホストが自分を借金生活から救い出してくれました

僕が出張ホストの仕事を始めた理由は…恥ずかしいようですが、借金です。ギャンブルで作った借金で首が回らなくなり、生活に困って、切羽詰まって、最悪の精神状態で藁にもすがる思いで高額バイトの代名詞たる出張ホストに応募しました。それで救われたんです。

全部自分のせいとはいえ、あの頃は本当に最悪な日々でした。最後の方は、その日食う物にも困っていて、親からも見放されて…「このまま人生転落して、そのうち破産でもするのかな」なんて思っていました。
それでも出張ホストという仕事で、なんとか首の皮一枚繋がって、今は元の生活に戻ることができたのだから、あきらめるもんじゃありません。僕が応募したのは本当に偶然だと思うし、お店でうまくやれたのも奇跡的なことだと思うのですが、「何が何でも自分で切り開いてやる」という究極の意思が、なんとか転落から我が身を救ったのかもしれないですね。

とにかく精神的に追い詰めれていたんです

生活に困ってるときには、本当にヤバいことを考えたりします。今思い出すと、本当に軽く人には言えないような、ギリギリのことです。そんなときに、たとえば出張ホストって仕事もないような地方だったら、リアルにそういう方面に走ってしまったのではないかと、今でも考えることがあります。だから、行き詰ったらとにかく身一つでも上京してきてこの仕事に挑戦してみるべきではないかと、自分なんかはそう思います。

キワキワの状態で何とか採用してもらってからは、こちらの経済的な事情があって、とにかく日数を入れて働かせてもらいました。出張ホストって仕事に対する不安はありませんでしたね。何より生活がヤバすぎたので、そんなヘチマみたいなこと言っていられるはずもないです(笑)

借金は無事に完済。ギャンブルとも縁が切れました

ただ、場数を踏んだおかげで、何とか仕事にも早い段階で慣れて、3か月後には借金も完済して、すっかりとクリーンな状態に戻ることができました。まだフリーター生活というところは変わっていませんが、バイトを始めてから半年経った今は、結構貯金もできて、未来のことも「なんとかしなくちゃ」と考えられるようになっています。

それから、ギャンブルと縁が切れたというのも大きいです。不思議と、出張ホストの仕事でお金に余裕ができてからは、「こんなことをしてももったいないだけだ」と、身体が離れるようになりました。貧すれば鈍するというか、やっぱり金がないと心が貧しくなって、賭け事に夢を見てしまうんだと思います。

稼いだお金は将来のために使おうと考えてます

今はそんな不確定なことに金を使おうとは思いません。未来のために何かしなくちゃ、という一心で、カルチャーセンターの資料を見たり、資格の資料を見たり、そういうことをしています。まだ21歳、やる気になればなんとでもなる年齢で、最悪の状態から抜け出せて良かったです。

それに、この仕事、その気になれば楽しくやれます。お客様とのトークは、心を開いて接すれば、本当に面白いです。マニアックな世界の話が聞けたりして、見聞が広がります。

俊(仮名)21歳 フリーター

関連記事