整体師が選んだ副業はマッサージの腕が活きる出張ホスト

副業で出張ホストをやっているんですが、本業は整体師です。柔道整復師ではなくて、アメリカでちょっとかじる程度にですが勉強もしてきた、一応、ライセンスありの整体師です。特技はマッサージ! 言うまでもないですね(笑)ただ、これが結構ウケるんです!

出張ホストは興味本位で始めました

この副業を始めるに至った経緯から説明したいと思います。出張ホストは前から興味があったというか…そうですね、副業やるなら高収入みたいだし、楽しそうだし(そしてラクそうだし…)これにしようというのは決めていました。

で、本業の方にも少し時間ができたんで、いよいよ始めてみるかと思って、面接にいったんです。得意なマッサージでアピールして、体つきもいいということで、すぐに採用となりました。それからは、週に数回ですが、場数を踏んでただ慣れていく時間が続きます。

自分の接客スキルはマッサージ

やっぱり最初から武器になったのは、整体師としての腕、マッサージですね。特にはじめたばかりの頃は、こちらに会話の引き出しとか、スキルみたいなものも大してなく、スキさえあれば「マッサージしましょうか」とでも言って、うまく沈黙を埋めていました(笑)

ただ、不思議なもんで、お客様はそういうことでも付いてくれるんです。単純に顔とかトークだけじゃないんですね。それ以外のプラスアルファみたいなものがあれば、この出張ホストって世界では、まあ誰でもひとまずは戦えるみたいです。

転職はしないで整体師との掛け持ちで

さすがに高収入バイトの代表的な職種として挙げられる出張ホストだけあり、最初からそれはもうびっくりするくらいの稼ぎが得られましたよ。あのとき、すぐに本業をやめてしまっても、別に生活費なんかに困ることはなかったでしょうね。むしろ、この仕事に全振りしてしまったら、それはそれで一時的には結構な金持ちになれていたかもしれません。

とはいえそんな甘いことが長く続くわけもないだろうと考えて、自分は慎重にいきました。つまりこれまでと同じように、普段は整体師の仕事を続けながら、副業として出張ホストをやるというスタイルです。ただ、慣れてくる中で、その中でも、ある一つのことを心がけるようにしました。それは、「お客様の話をとにかくよく聞くようにする」ということ。

「聞き上手」を目指したら指名が増えて順調

自分はあまり口が上手い方ではないし、そんなに話題のバリエーションみたいなものだって多くありません。だから、基本的な態度として「聞き上手」になろうと、まあそう考えたんです。そして、絶対にお客様の話を否定はしないこと。それだけを意識していたら、半年を超えても、指名がつかないという日がなくなりました。

そうです。別に顔がよくなくても、話がうまくなくても、ちょっとした工夫だけで出張ホストって仕事は務まるんです! それは自分が実証しました。まあ自分の場合、マッサージって特技があったんで、それがとっかかりになったんですが、それでなくても充分な稼ぎを得ている人は沢山います。為せばなる、為さねばならぬ何事も、というところです。

忠(仮名)23歳 整体師

関連記事