元ガテン系が高額アルバイトに挑戦 夢のために資金を貯める日々

次の就職の繋ぎとして始めたのが出張ホスト

自分は、つい一年前まで、ガテン系をやっていました。高校を卒業してからずっとだったので、まあ大体四年くらいはやっていたことになりますが、これがもう、体力的につらい仕事で、やっぱり長くやれるもんじゃないですね。

それで「もうこのへんにしよう」と思ってやめたのはいいんですが、そうなると困るのが次の就職先で、やっぱりずっとガテン系やってたような男が、いきなりサラリーマンとかになれるわけもありません。それで、稼げるバイトをとりあえず探して繋ごうと思って、始めたのが、出張ホストです。まあ東京では、高額アルバイトとして定番なんですかね。

慣れない仕事で緊張の連続だったけどそれは最初だけ

そうはいっても、自分にとっては未体験のことばかりで、やっぱり最初のうちは戸惑いました。実は自分は、ある人から紹介されて、という経緯もあったのですが、大体の仕事内容を聞かされている状態でも、やっぱり慣れないうちには緊張の連続でしたね(笑)

ただそれもやっぱり、最初だけなんですよ。みんなそれが嫌で、最初でやめちゃうみたいなんですが…自分の場合は、そうですね、3か月くらいしたら、すっかり全部に慣れっこになっていましたね。お客様とのトークにもそうだし、お店の雰囲気にも、そして仲間との付き合いにも、それくらいの時間があれば、簡単に馴染めてしまいます。

前職に比べて楽に高収入を得ています

さすがに高額アルバイトっていうだけあって、稼ぎはそりゃあすごいですよ。肉体労働していた時の半分以下の労力で、倍以上の稼ぎが得られていますね。体力的につらいということがガテン系を辞めた理由だったので、出張ホストの仕事は、その反動もあってすごーくラクに感じられます。まあ、このあたりは前職で培った体力が活きていますね(笑)

貯金残高がいつの間にかすごい事に

ただ、お金の使い方には注意しないといけません。最初は自分も舞い上がってしまい、やたらと遊びまくっていたのですが、そうなると、その分働かなくちゃいけないし、いろいろと面倒です。だからある時期からは学習して、とにかく貯金をすることにしました。

とはいえ、その金もほとんどまったく余のことに使わないという生活が続くと、自然と金持ちになってきますね。資金を貯める、なんてつもりはまったくなかったのですが、今では貯金残高を見るたび、いつか何か自分の店が持てるかもな…とか考えたりします。

今では将来のために積極的に貯金をしています

というか今では、むしろ積極的に、資金を貯めるって意識になっているのかもしれませんね。お金がないときとか、そこから抜け出して瞬発的に金持ちになったときには、やっぱり調子に乗っていろいろと金を使いたがるんですが、金があるって状態が当たり前になってくると、人間変わります。心の余裕が出てきて、未来のことを自然と考えるもんです。

出張ホストって仕事がなかったら、あのままずっと肉体労働続けてたんだろうなって思うと、ちょっと怖いですね。地方で同じような気持ちを抱えている人も、とりあえず東京に出てきて、出張ホストをやってみればいいんじゃないでしょうか。きっと道が開けます。

良太(仮名)23歳 元ガテン系

関連記事