ブラック企業から転職! 友達の紹介で出張ホストに

色々な職場を転々としたけど苦しい生活は変わらなかった

自分の場合は、出張ホストにたどり着くまで、本当にいろいろなことがありました。
大学を途中でやめてから、いろんなバイトをしたり、仕事をしたりしたのですが、どれもとにかく異様に収入が低いし、とてもではありませんが東京での生活は維持できません。

やっとありついた正職も、働き始めてみると最悪な職場環境で、いわゆるブラック企業でのサラリーマン生活は最悪で、すぐに退職しましたが、もう後がないという状況でした。
貯金もほとんどゼロに近く、来月からは借金生活…。

出張ホストを始めて三ヶ月、ようやく楽になってきました

そんな状態を相談したところ、友達の紹介で、出張ホストの仕事を始めることに。
最初は、この思い切った転職に、ちょっと迷うところがないわけでもありませんでした。
しかし、貯金の方がもう底をつきかけている状況で、戸惑ってなんかいられません。

とにかく働きまくって、場数を踏んで、失敗もしながら、三か月続けました。
すると、気が付いたら、本当にもう当たり前のように、この職に馴染んでいたんです。
それまではまったく慣れ親しみもなかった業界に、自分の居場所ができていました。
しかも、あのリーマン時代から比べると、楽に稼げることおびただしい、って感じ。

ストレスなく稼げて生活にも余裕が

指名があったら出勤して、ちょろっとお客様とお話しするだけで、いい稼ぎになるんです。
それが何回か重なるだけで十分なお金になるし、東京での生活にも余裕ができました。
おかげで、休日、外に遊びにいくときにも、まるでお金の心配をする必要なんてなし。

楽に稼げる、というと語弊があるかもしれませんが、いわゆる「普通の仕事」というやつよりは肉体的な苦痛も、精神的な疲れも小さく、ほとんどストレスもなく働けています。

収入だけじゃなく仕事自体にも充実感があります!

あのとき友達の紹介を受けて転職して本当に良かった、とそう思うのは、何も稼ぎのことだけでなく、出張ホストという仕事自体がとても有意義という、そんな部分もあります。
サラリーマン生活をしていたときには、毎日取引先にペコペコ頭を下げて、謝ってばかりで本当に鬱々として、しかも何も勉強になることもないという、毎日が最悪の時間でした。

もちろん、出張ホストでもお客様と接することに変わりはありません。
でも、デートで雰囲気を盛り上げて、お客様の口を滑らかにするという仕事は、とてもやりがいがあるし、うまくいったときには充実感もあるしで、働く意味を感じられます。
そういうことは、大体、同じ店で働くみんなも感じている部分みたいですね。

人生が変わるかも!出張ホストはチャレンジする価値あり!

実際、元サラリーマンという経歴の持ち主も多いのですが、みんな、社畜時代から比べると本当にこの仕事は面白いし、失われた人生を取り戻せる感じがする、と言っています。
お金が稼げるってのは大事ですが、それ以外のことでもモチベーションがあるんです。

もし、今、会社で苦しい思いをしている人がいるなら、さっさと退職して、ともあれ出張ホストの仕事を始めてみたら人生変わるかもよ、と同じ経験者として言いたいです。

涼(仮名) 23歳 元サラリーマン

関連記事