大学の費用捻出のためにデリホスで稼ぐ!

会社を辞めて「デリホス」の仕事を始めました

高校を出て普通に働き始めたのですが、やっぱり、大卒との違いってすごいです。後から入ってきた人間が、給料も地位も どんどん 追い抜いていきます。それも、大した能力もないような人間が自分より上にいくのが不満でしたけど、それも自分が勉強に不熱心だったせいなのだから、仕方ないのでした。

そんな葛藤がしばらく続いて、退職したのが半年前のことです。それからすぐ、友達から、とにかく外に出て人を接する習慣だけはつけておいた方がいいと言われて、ほとんど登録制みたいな感じでいつでも稼げるデリホスの仕事を始めました。

稼ぎが良いから便利でオイシイ仕事

デリホスはいわゆる出張ホスト、最近ではレンタル彼氏とも言います。自分は店外勤務メインでお願いしたので、なんか自由な感じだし、派遣された場所に行くときにはどんなお客様と出会えるのだろうというワクワク感もあって、デートはいつも楽しいです。

それにみっちり8時間働かなくても稼げるから割のいい仕事なんですよ。今は毎日午前中はジムに通って、昼過ぎから少しのんびりして、夕方から仕事をして夜12時前には終了です。それでもサラリーマン時代の給料以上に稼ぐことができているし、出張ホストって仕事はとてもいいです。

今はデリホスをやりながら大学受験に挑戦中

繰り返しになりますが、とにかく、便利なんです。便利というと語弊があるかもしれませんが、リーマン時代の葛藤から、やっぱり大卒じゃないと昼の世界じゃまともに生きられないと学んだ自分は、今、大学受験の勉強中です。その時間もちゃんと取れるという意味で、デリホスって仕事はいいんですよね。

あ、大学っていっても、普通の大学ではなく、通信制の大学です。まあ何でも、大卒ってだけで職場での扱いが違うので、ただのステータスにしかなりませんが。それでも、やはりこういう生活は若い時だけなのかなという予感というか危機感はあるので、下手な資格の勉強をするよりも、やっぱり大卒って地位を得ておくに限ります。

お店の仲間にも、僕と同じように影で努力しているタイプって割と多いみたいですね。とにかくみんな、自分の人生に対して誠実なのでそういう部分では尊敬できます。

仕事と生活にメリハリが出て本当に楽しいです

それから、仕事が毎回ルーティーンじゃなくて、個々のお客様と接するごとに刺激があるというのも素晴らしいし、そういう部分でも、生活にハリができるというか、楽しいです。もちろん、仕事なので楽しいだけじゃダメなのですが、精神的に開放感がある店外勤務メインって働き方があるのもいいところだし、逆に悪いところってこの仕事にはないです。

とにかく飛び込んでみたら、何かいいことがあると思うので、稼ぎたいならぜひおすすめします!うちの店は40年以上運営しているみたいですし、老舗の店ならそんな心配もいらないし、スタッフさんも優しいのでおすすめですよ。

雄一(仮名) 22歳 元会社員

関連記事