元とび職が転職に選んだのは出張ホスト ラクでやりがいもある!

俺はもう、とび職の仕事は嫌になっちゃったんです。

とにかく怪我が多いし、雨の日は休みだし、上下関係は面倒臭いし、ウザイことだらけ。

それに段々と周りの印象も悪い感じになってきて、いつまでこいつガテン系なんてしてるんだよみたいな、そんな冷たい目で見られるようになったので、転職を決意しました。

それで始めたのが、出張ホストです。

とび職からの転職にしては、ちょっと急な感じなんですけど、高収入に釣られました。

面接のときには多少緊張したんですが、お店の人は親切だし、丁寧に仕事の内容とかもレクチャーしてくれて、正直、この時点でとび職の仕事とは天と地ほどの差がありました。

で、やっぱりそれだけ優しくしてもらえると、こっちも頑張らなくちゃ、って思います。

仕事の内容は初めてのことだらけで、簡単じゃないシーンもありましたが、それでも今まで半年頑張ってこられたのは、やっぱり、この仕事にはやりがいがあるからだと思っています。

土木をやっていた頃は、ただ身体を動かして、心を無にしていました。

というか、そうじゃないと続けられないんですよ。

でもこの仕事はそれとは反対で、心から接客しないと、指名だってつかないです。

ただ、本当に自分なりの誠意を尽くして接客したときには、それが指名って形で返ってきたりするんですね。

それが俺が感じている、出張ホストのやりがいです。

当たり前ですが怪我なんてあるはずもなく、身体もラクなので、長く続けられています。

敦(仮名) 21歳 元とび職

関連記事