無職…お金が欲しくて出張ホストに! 楽しい毎日と温かい懐

僕がサラリーマンを辞めたのは、ストレスが原因でした。

新卒で商社に入って働き始めたのですが、これがもう、ストレスだらけの職場で…。

ただ仕事で疲れるということなら我慢できるのですが、同僚との諍いが絶えない職場で、もう本当に毎日ドロドロに疲れていて、このままでは気が変になると思い退職しました。

それからは、しばらく無職を続けていた時期もあります。

けれど、当たり前ですがそんなことをしているとダメになるばかりなので、もちろん生活のためにお金が欲しくてという理由もあり、リハビリのつもりで出張ホストを始めました。

この選択が良くて、出張ホストという仕事は、自分に向いていたと思います。

確かに接客には簡単じゃないところも多少ありますが、何よりも精神的に楽です。

そして、お客様といるときの雰囲気が盛り上がれば、仕事がしやすい!

お金が欲しくて、という短絡的な理由で無職脱出のために始めたバイトなのですが、いつしか、この仕事をしながら、人と接することで確かに癒されている自分を発見しました。

お店の人は事情を知っているので、あまり無理するなと言ってくれます。

そんな優しい声をかけてもらえることも前の職場ではなかったので、なんだか、感動的。

とはいえ、この仕事も、ずっと続けられるというわけではないと思います。

だから、今は資格の勉強をしながら、少しずつですが、別の仕事もイメージしています。

毎月の稼ぎは安定しているので、東京での生活も、順調に歩めていますね。

竜(仮名) 24歳 元サラリーマン

関連記事